屋根や雨樋の修理を自己負担0円で修理可能!!

火災保険って屋根修理で使えるの?

「火災」という名称から、火災の時しか保険適用にならないイメージが強い火災保険ですが、一般的には火災でなくとも、台風、竜巻、突風、豪雨、大雪、落雷などの自然災害として保険が適用され、保険金が支払われます。
申請できる修理の範囲も幅広く、家の内部・外壁・門・塀・カーポート・サイディング・屋根など、家の修繕のほとんどは保険が適用されます。
また適用した後も、保険料が上がるということはなく、原状回復後何回でも申請できます。

住宅購入時に加入したままになっている火災保険も、使える範囲を理解した上で正しく保険申請をすることで、実質0円で修理することも可能です。
火災保険の申請に関して経験豊富なカツキ板金に、是非一度ご相談ください。

風災として認められないケース

被害の損害額が20万円以下の場合や、損害保険鑑定人が風災(雪災、雹災を含む)として認めなかった場合はもちろんですが、屋根の破損や雨漏りの原因が、経年劣化によるものは補償対象外なので、注意が必要です。
特に「雨漏り」は、経年劣化によるものなのか、台風などの風災によるものなのか、判断しづらいことがあります。風災による雨漏りであると確認できれば、火災保険の申請対象になる可能性がありますので、経験豊富なリフォーム会社などに調査を依頼すると良いでしょう。

修理業者に火災保険を代行してもらう場合

20万円以上の修理費がかかるという場合は保険対象となるので、保険会社に連絡をして必要書類を送ってもらいます。
カツキ板金では、火災保険の申請を代行することも可能です。修繕費用の見積書、被害箇所の写真、屋根調査報告書と共に、火災保険請求書などの必要書類を用意し、保険会社に提出します。代行のご依頼いただいた場合は、弊社が全て行います。

申請を受けた保険会社は鑑定会社の損害保険鑑定人に被害現場の調査依頼をします。損害保険鑑定人が、提出した見積書や報告書に相違がないかなどを調査して、保険金額を決定します。
ここで初めて、修繕費用の見積書と、実際に下りる保険金額の差異が明らかになります。見積書と同等以上の保険金が下りれば、全額無料で修理・リフォームすることができるという仕組みです。

屋根修理の火災保険でよくあるトラブル

「強引に契約させられた」「高い金額を請求された」などの詐欺トラブルが、以前に比べて多くなっています。
上手に活用すればお得な火災保険ですが、トラブルに巻き込まれて損をしてしまう方もいらっしゃいます。すべてが良い業者とは限らないので、しっかりと自分の目で判断をしましょう。

こんな業者には注意

トラブル1解約料として保険金の半分を請求される

解約料や違約金を請求され、トラブルに発展するケースがあります。
Aさんの場合、おりた保険金が少なく工事が難しいことを業者につたえると「保険料の30%を違約金として払ってください」と言われました。その業者からは、「一切お金がかからない」ということを強調されて契約したため、話が違う!とトラブルになったそう。

手数料や違約金は、契約書でしっかりと確認しましょう。契約書を交わしても、8日以内であればクーリングオフが使えます。契約書がなかったことになり、解約料や違約金を払う必要がなくなります。

トラブル2修理費を支払っても着工されない

修理費を先払いにしたことによるトラブルの事例もあります。
Bさんの場合、保険会社から支払われた100万円を業者に渡したが、何度催促しても修理を始めなかったため、解約を申し出たそうです。ひどいことに、契約書には解約金を払うことが記載されていたため、その業者にしぶしぶ多額の解約金を支払ってしまった、ということでした

屋根の修理費を先に全て払ってしまい、適切な修理がされずに消費者が損をする、というケースは少なくありません。費用をすべて支払うのは、工事が完了してからにすると、トラブルを未然に防げます。

トラブル3わざと屋根を壊して被害を偽造する

業者がわざと屋根を壊して、台風の被害を偽造するケースもあります。
Cさんの場合、訪問してきた業者に「屋根を点検させてほしい」と言われて、屋根に登らせてみたところ、「棟板金が浮いてきている」として修理を持ちかけられました。不審に思って知り合いの業者に見てもらったところ「業者がわざとネジを抜いたのではないか?」と言われたそうです。
信頼できない業者を屋根に登らせることは、できる限り避けましょう。

弊社の保険適用率が高い理由

1.保険適用率99%の実績

専門知識を持ったプロが的確に保険申請を行うため、ほとんどのお客様が保険適用されています。

2.自然災害鑑定士在籍100%の実績

自然災害鑑定士を持ったスタッフが、現地調査に伺い、建物のきめ細かいところまで調査を行います。

3.一都三県どこでもお伺いいたします

各地にスタッフが在籍していますので、東京・神奈川・埼玉・千葉の一都三県どこでもスムーズにご対応いたします。

火災保険の申請について

火災保険の申請は、修繕見積をベースとして、保険会社から選任された鑑定人が見積り内容と現地確認を行い、審査が厳正なため書類の準備も一苦労です。
弊社サービスでは調査スタッフが、空撮データの解析、損傷個所の診断を行い、どこまでが保険の適用範囲になるのかをしっかりご説明いたします。

その後、正式な修繕費用の見積もり、火災保険会社への申請を行います。
また、保険会社との現地鑑定の際も、専門知識を持ったプロのスタッフが立会いますのでご安心ください!